2008年03月26日

五感に沁み込むワンダー・ワード〜『Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 』[2008年 4/10号]

 なんでも今号が記念すべき700号目ということで久方ぶりに『Number』誌を購入した。

 一番読みたかったキングカズと辰吉の記事は大した内容ではなかったが、

 『ナンバーに刻まれた700の名言 1980〜2008』

 だとかいう、過去に『Number』誌で取材された数多のアスリートたちの名言をまとめて掲載した特集記事がとても面白い。

 我が国のアスリート界を代表する名言家として誰しもが思い浮かべるのは、やはりなんといってもミスタージャイアンツこと長嶋茂雄であろう。
 件の特集内でも当然、ミスターの数々の名言が掲載されているが、中でもとりわけ俺がしびれたのがこの名言だった。

 「水商売系のいい女性のすべすべとした肌を抱いて、その快楽の味がカンフル剤としてプレーに生きるというのはありますよね」

 ようするに、一流プロ野球選手を目指すのなら、風俗へ行ってガンガン遊びまくれ、と、ミスターはそうおっしゃっているのだろう。
 けだし名言である、って、ただのエロオヤジではないか。

 またその一方、かつて現役時代での試合中に前のランナーを追い越しアウトになってしまったことについて

 「早い話が、前の走者がグズだったんですね」

 などと、もの凄くひどいことを言っていたりもして、これなんかも聖人君子や神様ではない人間・長嶋茂雄の実像が垣間見られる素晴らしい名言といえるだろう。感動だ。

 で、そのミスターの遺伝子を受け継いだからだろうか、元読売巨人軍所属で、現在は米メジャーリーグ球団ピッツバーグ・パイレーツに在籍中である桑田真澄選手の名言もまた凄い。

 「“世界平和のための立派なピッチングができますように”と言いながらマウンドまで歩いていくんです」

 まさか桑田がそんな素晴らしい理念を掲げながら試合に臨んでいるなんて、まったく知らなかった。桑田のピッチングのどこがどうすれば世界平和に繋がるのかは俺にはよくわからないが、ともかく感動した。

 プロ野球関係者では他にも、イチローや王貞治、落合博満らの名言が多数掲載されている。その中に高橋直樹という、申し訳ないがあまりよく知らないプロ野球関係の人はこんな素晴らしい名言を残してくれている。

 「セックスは5日のローテーションです」

 とりあえず、「ああ、そうですか」と言うしかないだろう。

 我が国で野球と人気を二分するスポーツといえばサッカーである。もちろん特集ではサッカー関係者の名言も数多く掲載されている。

 「僕、将来お金をたくさん持って楽に暮らしたいんです。世界で成功したら、金も儲かるでしょ」

 現役時代の中田英寿選手による名言である。いわずもがな今や我が国を代表する高級ニート、もとい旅人して人々の羨望を集めている中田さんであり、なんだかんだで見事有言実行を果たした中田氏はいややっぱり凄い。

 同じサッカー関係者では元日本代表FWである柳沢敦選手の名言もまた良い。

 「シュートしたらいいのか、パスしたらいいのかという状況の中で、どちらがいいかを考えて、自分がパスした方がいいと思うからパスするのであって、シュートした方がいいと思った時は自分でシュートしています」

 こんな当たりまえのことをここまで堂々と言える柳沢に脱帽だ。

 「ポジションに関係なく、完璧な選手になりたいんだよ。わかるかな?」
 
 中村俊輔の名言である。なんだかむかつくのである。

 「世界は、フィジカルだよ。フィ、ジ、カ、ル。分かる?」

 同じく中村某の名言であり、ともかく「分かる?」じゃねえだろうと言いたい。なんだかむかつくのである。

 で、この中村某と柳沢某が会話したらこうなる。

 中村某「ポジションに関係なく、完璧な選手になりたいんだよ。わかるかな?」

 柳沢某「シュートしたらいいのか、パスしたらいいのかという状況の中で、どちらがいいかを考えて、自分がパスした方がいいと思うからパスするのであって、シュートした方がいいと思った時は自分でシュートしています」

 中村某「世界は、フィジカルだよ。フィ、ジ、カ、ル。分かる?」


 馬鹿の会話である。

 「男女交際とかも、プラスに変えられる人もいるんですけど、自分は絶対柔道に集中できなくなると思うんですよ」

 YAWARAちゃんこと柔道の田村亮子選手(現・谷亮子)、女子大生だったころの名言であり、この名言から理解できるのは、つまりこの時点でYAWARAちゃんはおそらく「未体験」であっただろうということで、しかしわかったところで全然嬉しくないのはどうしてだろう。まあ、この問題に関してこれ以上は口が裂けても言えないので、どうしても知りたいという方は交番にいるおまわりさんにでも聞いてほしい。

 とはいえ、そんなYAWARAちゃんでもこちらの名言にはかなわないだろう。ボクシングの名トレーナーとして我が国で数々の世界チャンピオンを育てた故エディ・タウンゼント氏の名言である。

 「石松はちょっとクレイジーね。ロードワークの途中で、急にいなくなって、オーイ、紙をくれぇー。ウンコしてるの。子供と同じよ」

 やっぱりガッツはスケールが違うと思った。

 なんてな感じで、人間的なアクの強さも一級品の一流アスリートのそれを揃えたからだろうか、掲載されていた700もの名言はどれもが独特の味わいに満ちており、たいへん素晴らしかった。必読である。

 
 Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2008年 4/10号 [雑誌]
ラベル:Number
posted by とんち番長 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 本を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2008年 4/10号 [雑誌]
Excerpt: Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2008年 4/10号 [雑誌] 自分のためにやるからこそ、それがチームのため..
Weblog: もぼなもな書房
Tracked: 2009-04-26 20:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。