2007年09月10日

僕が亀田を好きになれない理由

 次男坊の世界タイトル戦、しかも一家にとってはプロ初となる日本人選手との試合が近づいてきたためか、ここ最近は比較的おとなしかった亀田家に関する話題が新聞紙面等でまたぞろ眼にするようになってきた。

 そして、亀田一家がメディアで大々的に取り上げられるようになってからもうかなり経つというのに、僕は相変わらず亀田を好きになれない。
 っていうか、むしろ嫌悪感のほうが日ごとに増すばかりだったりする。

 なぜだろう。

 亀田にまつわる重要なキーワードとして「生意気」があると思うが、じつのところ、生意気なスポーツ選手なんて、いくらだっている。っていうか、純粋実力主義のスポーツの世界で一流としてやっていくためには、常人離れした強靭な精神力、つまり、ある程度の生意気さが必要なのだ。

 じっさい、同じボクシングで言えば、辰吉や畑山もじゅうにぶんに生意気だったし、野球だったら野茂やイチロー、サッカーのカズや中田、格闘技の魔袈斗や山本KIDなど、いちスポーツの頂点に属する一流アスリートたちは、ほとんど揃いも揃って生意気だ(だった)。

 亀田と同様、僕は彼らが嫌いだった。

 「まだ新人のクセに、なんて生意気なオ○ンコ野郎なんだ!」

 と、スポットライトを浴びてからまだ日も浅い彼らが活躍するたびに苦々しい思いをしていたわけだが、ある程度の年月が過ぎ、気づけば彼らの生意気さがまったく気にならなくなっていた。
 というのも、その「生意気」と「実力」が等価値であるということを、その後の彼らの輝かしい活躍ぶりを観せられるにつけ、実感させられるからだ。
 そうして、嫌悪を感じていた彼らの「生意気」ぶりも、いつの間にか「かっこよさ」だったり「頼もしさ」だったりに心境変化せざるを得なくなるわけである。

 ところが、いまだ連戦連勝し続ける亀田家の一挙一動を観ても、僕はまったく心が動かされないでいる。
 なぜか。

@試合がつまらないから
 プロ入りしてから長男次男ともいまだ負けなしの亀田家であるが、僕の記憶上、これまでスカっと胸のすくような試合をしてくれたことは一度もない。
 なんだか対戦相手が弱そうな奴ばかりだったり(本当は強いのかもしれないが、そういうふうにしか見えない)、「おっ、今回の相手は、珍しく強そうだな」というパターンもあるにはあったが、そういうときの場合は「亀田とKOはセットや(笑)」とか言っているわりに、結局判定決着で終わってしまったりする。
 まあ、対戦相手を「必要以上に弱く見せる」のは、じつは亀田の高等技術なのかもしれないが、いずれにせよ、ある程度目が肥えたボクシング・ファンを唸らせる試合はまだ見せられていないのではないだろうか。

Aギャグがつまらないから
 亀田による一連の「パフォーマンス」を挙げてみよう。

亀田、ランダエタのニックネーム、“ベイビー”にあやかって、キューピーちゃんの人形を渡す!(ランダエタ戦)
亀田、サマン倒してさんまに来場アピール!? 前日計量をパスし、“亀田節”ますます好調(サマン・ソーチャトロン戦)
亀田、「カエル」のおもちゃで「ノエル」アランブレットを挑発(ノエル・アランブレッド戦)
亀田、「キットカットできっと勝つ!?」(ランダエタ戦←2戦目)

 なんてな感じで改めてピックアップしてみたわけだが、いやあまりのつまらなさに改めてびっくりしてしまった。
 もう、なんというか、違った意味で「相当なもの」だと言わざるを得ないだろう、これは。
 
 まあ、いわずもがな亀田はボクサーであり、たとえギャグがつまらなくても職業的にはなんら問題ないはずなのだが、彼らの出身地といえば笑いの本場・大阪、それがことをきわめて深刻にしているのは間違いない。
 
 「吉本なのに……」
 
 いや、べつに亀田はお笑い芸人じゃないので吉本興業に所属しているわけはないと思うが、やはり「関西=お笑い」である。
 「関西人のくせに」と、その「尋常でないつまらなさ」に、つい毒づいてしまいたくなるのだ。
 じっさい笑いという観点で亀田を評価できるものとしては、『君が代』をT-BOLANに歌わせたことぐらいだろうが、これにしたって「ボラン頼み」であり、正直、「笑いのセンスはゼロ」と断言するほかないだろう。
 
 小さいころにいじめられていたという亀田だが、それは大阪にいながらにして彼の笑いのセンスがゼロであったことが原因であり、有名になったその特権として、「己のお笑いセンスが間違っていなかった」ことをかつてのいじめっこたちに証明しようと、いまになって躍起になっているのではないか。
 
 しかし、亀田よ。
 
 キミが注目されているのはボクシングをやっているおかげであり、
 
 「どんなもんじゃい! ワシは笑いの実力も世界一じゃい!(笑)」
 
 と、もし考えているのならば、それは見当違いも甚だしい。
 
 そんな憶測さえ立ててしまうほど、つまらないギャグを連発する彼の行動は、異様な不可解さに満ちている。

 二兎を追うものは一兎を得ず。

 さんざっぱらバッシングは浴びたのだから、真の人気者・亀田として飛躍するため、ここらでいいかげん「笑い」を捨てるべきではないだろうか。

 というか、ぜひ捨ててほしい。心底そう願う。
 だって、「本当につまらない」のだ。
 このままだと僕は、未来永劫、亀田を好きになれないではないか。
ラベル:亀田
posted by とんち番長 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツを観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐうたらとんち雑記帳: 僕が亀田を好きになれない理由
Posted by super slim at 2013年06月25日 19:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。