2008年09月05日

「デーブJAPAN」に断固反対!

 いよいよプロ野球のペナントレースも終盤戦に入ったわけだが、って、正直、まったくといっていいほど関心がないが、ただそれにしたって、こうして話題にしているとおり、個人的に気になることがないわけではない。

 現在、パ・リーグの首位に立っているのは西武ライオンズらしい。

 心配だ。
 デーブ大久保のことが、ともかく心配でならない。

 たしかあれはフジテレビの野球中継だったと思うが、たまに野球中継にチャンネルを合わせるとデーブ大久保が解説者として出演している時があって、で、そのデーブ大久保のなんだかさも得意げで自信満々といった調子の解説ぶりが、どうにも鼻について仕方がなかったのだ。
 
 簡単に言えば、
 「なんでデーブごときにこんなにえらそうにされなきゃならんのだ」
 といった感じだ。

 で、そのデーブが今シーズンから西武ライオンズの打撃コーチに就任したとのことで、ああやっと、やっとあの解説を聞かないで済む、いやめでたい、本当に良かった、と、安心しきっていたところに西武ライオンズ優勝という現実が迫ってきたのだからたまらない。

 もっとえらそうな態度を取るようになってしまったらどうするのだ。

 いや、もうこの際だから、元木がバラエティ番組とかでチャラチャラするのも許そう。
 なんなら、お昼の番組の司会に宮本が戻ってきても()全然オッケーだ。笑顔で迎えてやろうじゃないか。
 が、デーブ大久保がでかい顔するのだけは、なんだかとても嫌だ。
 ましてや、さらにもっとえらくなったりなんかして、それでWBCの監督にでも選ばれたら「デーブJAPAN」誕生だ。

  嫌だ。星野JAPANより、もっと嫌だ。デーブJAPANに比べたら、まだ「みつまJAPAN」の方がマシだ。そして、みつまJAPAN、どこいった?


※1998年4月よりTBSお昼の生番組の司会に謎の大抜擢(番組名「宮本和知の熱血!昼休み」)。むろん、視聴率は極端に低迷、1.4%という当時のワースト記録を更新してしまったため、結局6ヶ月で打ち切られてしまうという当然すぎる結末に。というか、誰かとめてくれる人はいなかったのか?
posted by とんち番長 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツを観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106073514

この記事へのトラックバック

WBC監督を県民性で占う
Excerpt: もう半年後に迫った来年の第2回WBC,監督人事でもめておりますが,候補として名前の挙がっている人たちの性格・資質を出身地の県民性で占ってみました。
Weblog: D.D.のたわごと
Tracked: 2008-09-06 16:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。