2008年08月25日

その男、卑猥につき――梅宮辰夫

 いまさら言うことでもないが、インターネットは便利だ。

 色々な情報が家にいながらにして簡単に手に入るようになったのはやはり便利この上ないと言うしかなく、たとえば音楽に関することだったら、好きなミュージャンの新譜情報やライヴの日程のみならず、ことによったら、その日一日なにをして過ごしていたかだとか、晩飯はなにを口にしたかだとか、あるいは最近見ているテレビ番組だとか、オリンピックはなんの競技に感動したかだとか、SMAPだったら誰が好きだとか、有り難いんだかどうでもいいんだか、とにかく細かな情報までなんら苦労せず得られるようになった。

 あとリスナーとしては、音源を試聴できるサイトがあるというのもでかい。

 気になるミュージシャンの音源は、とりあえずCDストアのサイトやYouTubeなどで試し聴きすることができるので、音楽雑誌の情報を鵜呑みにしてCDを買ってみたら中身が「う○こ」であった、という悲劇に陥ることはほとんどなくなったからだ。

 経験したことがある方ならわかると思うが、リスナーとしてさんざん期待して購入したCDが「○んこ」であったときほど悲しいことはない。むろん、だからといって「う☆こ」に100パーセント出会わなくなったわけではないものの、それでも「うん(^^)」との対面率が格段に減少したという意味ではもの凄くでかい。ちなみに俺の「野球んこ」はそんなにでかくはないが、基本やや固めだ。

 で、しかしながらただ、そのぶん、CDを購入するという行為が以前に比べてシビアになったのはやはり否めず、ということは、まあ計算とかしたわけではないのでよくわからないが、またそのぶん、CDを購入する機会も以前に比べかなり減っているのだろう。

 なにぶんレコード会社の人間にとってはきびしい時代であろう、大変だ、と思う次第であるが、単なるいちリスナーである俺がそんなことを気にしたってしかたがないし、むしろリスナーの目利きがシビアになったぶん、売れるべきミュージシャンがしかるべき代償を与えられる環境が以前に比べたら整いつつあるかもしれない、という意味では、まっとうに作品制作に取り組んでいるミュージシャンにとってはじつはとてもいい時代がやってきた、ということなのかもしれない。あるいはそんなことはないのかもしれないが、いずれにしても、俺には詳しいことはわからず、中村とうよう先生や湯川れい子先生ならたぶんそこらへんの事情に詳しいはずなので、訊いてみるのもいいかもしれない。何事も実行だ。健闘を祈る。

 なんてな感じで、ネットには音楽の情報が満載だ。

 たとえば、あのGAOが米国でギャングスタ・ラッパーに変身し、新人育成を兼ねたプロデュースを行いつつ自らのパフォーマンスを披露したところ、多くのローライダーやギャングの間でビッグママ的存在としてリスペクトされているだなんて、有益なんだかどうでもいいんだかよくわからない情報も、おそらくネットがなければ絶対に知ることはなかっただろう。

 先日は先日で、なんとなくYouTubeで動画を観ていたところ、こんなものを発見した。

 
 梅宮辰夫「シンボルロック」 

 梅宮辰夫がレコードを発表していること自体にも驚いたが、歌のその内容にも仰天した。

 「シンボルっ/シンボルっ/男のシンボル〜/こいつを使って/こいつで泣かせて/その上こいつが〜か〜ねを生むぅぅぅぅゥゥゥ……/まったくシンボルちゃん様々だぜ?」

 とのことで、ようするに「オレのちん$は凄いぜ」などと、つまりはそういうことを歌っているのである。
 「ち\(^o^)/ぽ」の歌なのである。
 「犬んぽ」なのである。

 4行も使うほどのことでもないと思うが、いずれにしても、

 「梅宮辰夫は、ちどんっ(衝撃)ぽの歌を歌っていた」

 というこの情報が、有益な情報なのか、もしくはどうでもいい情報なのかは、よくわからない。「ミュージシャンをコラムる」というカテゴリに、はたして梅宮辰夫を加えていいのか、ということも含めてよくわからない。ともかく、インターネットは情報が満載だ。
ラベル:梅宮辰夫
posted by とんち番長 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージシャンをコラムる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

国内唯一の「ガイジンロッカー」――氷室京介

 ファッキンライト!

 というわけで冒頭からいきなりぶちかましてしまいましたが、そう、我らが押尾先生がついに音楽活動を再開させるそうなのである。

 俳優で歌手の押尾学が18日午前、およそ5か月ぶりに公式ブログを更新し自身がボーカルを務めるロックバンド・LIVを再始動させるため準備段階に入ったことがわかった。
 「お久しぶり」というタイトルで押尾は新たな活動メンバー2人を写真で紹介し「LIVを再始動させる為にゼロから創り上げています。第二章のLIVが新しいメンバーと始まります」とコメント。現在は新曲の制作に入っているとして「この二人はメンバーの二人ですとっても才能があるかも!?(笑)またLIVを応援してやって下さい。ではまた」と締めている。(ヤフートピックス)


 とのことで、大変めでたい、良かった、と思う次第であるが、ただそんなめでたいニュースに水を差すつもりはまったくないが、「5ヶ月ぶりのブログ更新」ってのは、いやちょっとどうなのだろう、と思わないでもなかったりする。
 というか、どう考えてもまずいだろう、これは。

 移り変わりが激しいこの世の中において、5ヶ月もの長期間に渡ってブログを放置するなんていうのは、厳しい言い方をさせてもらえば、言語道断と言っても差し支えないレベルではなかろうか。押尾先生の頭の先から尻の穴の皺の数まで熟知しているコアなファンはともかくとして、

 「押尾先生って結構かっこよくない?」
 「最近ちょっと押尾先生のこと気になっているだよね〜」

 ぐらいな感覚の人たちにとって5ヶ月もの間ノーリアクションなんていうのはあきらかに長すぎであり、すでにそういったライト層は、いきものがかりとか鼠先輩とか、ややもすればBerryz工房あたりに流れているに違いなく、逃した魚の数はあまりにも多かった、と言わざるを得ないだろう。

 いや、たしかに、毎日更新するほどネタがない、面倒だ、などといった至極もっとも理由があったのかもしれない。が、先生には「ファッキンライト!」という必殺の言葉があるじゃないか。毎日ブログに一言「ファッキンライト!」と投稿するだけでも

 「ああ先生、元気にやってるんだな〜」

 とファンは安心するものであり、ましてやそれらの投稿をまとめたブログ本(当然、中身の文面は「ファッキンライト!」のみ)を出版すれば大きな話題になるかもしれないじゃないか。
 もちろんそんなふざけた本を出版するなんて社会では通常許されることではないが、押尾先生ならばきっとみんな笑って許してくれるはずであり、心配はする必要はまったくない。
 と思う。

 今からでも遅くはない。本当に、頑張ってほしいと思う。

 まあしかし、ブログの更新うんぬんを抜きにしても、押尾先生の再ブレイクはちょっと厳しいんじゃないかと、正直、思わないでもない。
 やっぱり一度付いてしまった負のイメージはそう簡単には覆せないだろうし、そのうえ最近一部の人間の間では
 
 「DAIGOとキャラがかぶってるんじゃないか」
 
 という声が上がっていたりもするからだ。

 たしかに両者ともイケメンであり、「DAIGO→明るいバカ」、「押尾先生→勘違いバカ」という点でもややかぶりぎみである。同じイケメンのバカでも、DAIGOの方がいろいろ応用がききそうだし、勢いがあるしで、押尾先生にとってきびしい時代がやってきたということか。人生、諸行無常である。

 で、DAIGOといえば、氷室京介のことが好きだという話を以前、耳にした。
 じっさい、こないだなんとなくテレビを見てたらキンキキッズとかと一緒にBOOWYの「マリオネット」を気持ちよさそうに歌っていたので、相当好きなのだろう。

 まあ、気持ちはよくわかる。

 DAIGOはもとより、GLAYにしてもT-BOLANのヴォーカルにしても、あるいは意外なところでユニコーン初期の奥田民生とか、売れてないころのT.M.Revolusionの西川貴教とか、あと反町っスとか、BOOWY&ヒムロックから相当な影響を受けたとおぼしきミュージシャンは日本の音楽界にそれこそ山のようにいるのはいまさら俺が言うまでもないだろう。

 で、大体そういった話になるとBOOWYやヒムロックの音楽面による影響について語られることがもっぱらだが、たしかにそういった部分も多かれ少なかれあるにせよ、もっと影響として大きな爪あとを残したと言えるのが、やはりヒムロックの圧倒的なヴィジュアルであろう。

 なにしろ、あれほど「日本人離れ」という言葉に正しく合致する顔立ちがあるだろうか。背がさほど高くないのが欠点といえば欠点だが、それを補ってあまりあるほど顔面レベルが異常に高い。じっさい外人と並んでも顔面レベル的にまったく見劣りしない日本人ロッカーはヒムロックぐらいであろう。
 で、この完璧とも言える「ガイジンフェイス」が、日本人が無意識に抱えている外人(白人)コンプレックスをちくちくと刺激したのである。

 つまり、

 「物理的に考えて『外人(白人)』にはなれそうもないけど、ヒムロックのような「ガイジン」になら同じ日本人なのでどうにかなれるんじゃないか」

 なんてなふうに、外人(白人)コンプレックス持ちの若者男子の心を大いに刺激したのではないかと思うのである。

 が、先述したようにヒムロックの顔面レベルは「異常」であり、むろん誰もがヒムロックになれるわけがない。というか、誰もなれてない。「ファッキンライト」にしろ、「言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズン」にしろ、あるいは亀田戦における君が代独唱にしろ、みんなヒムロックになれずに死んでいった亡骸である。「悲しい亡骸」ならいいが、あいにく「面白い亡骸」なので、口にした者にとってこれほど始末が悪い状況もないに違いない。

 「大変ですね」

 と、抱きしめてあげたいとすら思う。正直、それは嘘である。

 ともかく、

 「ウグイス坊やのヒムロです」
 「ライヴハウス武道館へようこそ!」
 「ここは東京だぜ?」
 「夢を見ている奴らに贈るぜ! …ドリーミン!」


 なんていった数々の「名ゼリフ」はヒムロックが口にするからこそ許されるのであり、のみならず

 「ダンカンこの野郎!」

 とか

 「♪雪国もやしはぁ〜め〜ちゃめちゃ高いからあ〜」

 とか、「ステキ」とは100億光年離れた位置にあるセリフなんかにしても、ひとたびヒムロックが口にすればなんだかもの凄くかっこよく聞こえるに違いない、と、BOOWY&氷室のリリース全作品コンプはもちろん、ネットがない時代にBOOWY&氷室関連の海賊盤を大量に収集していた元ヒムロック信者の俺なんぞは思う。

 ちなみに、CDは大人になってからなんか持っているのが恥ずかしくなったので全部売っぱらったが、当然海賊盤は売ることができなかったので、供養の意味を込めて段ボールにひとまとめにして近くの川に流した。後日、川へ洗濯にやって来たおばあさんが拾い家に持ち帰っておじいさんと一緒に封を開けたところ、中から元気な桃太郎が出てきたらしい。というのはバリバリ嘘であるのは言うまでもない。
posted by とんち番長 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージシャンをコラムる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。